交通事故と示談金

交通事故に遭い、怪我などの被害が出た際は、示談金を支払ってもらい、怪我の治療や事故で失った財産の補填などを行います。示談金を受け取るまでには、いくつかの準備が必要なので、受け取り前にはどのような作業を行うのか、前もってチェックしてください。行動次第ではもっと多くの示談金を受け取ることができるかもしれません。当サイトでは示談金の受け取りについての情報を掲載しています。

交通事故による示談金は、示談書の作成と提供し、加害者側の事務手続きが完了するとともに、指定講座へ示談金が振り込まれます。非常に簡単そうな流れですが、これらの手続きを行う前に、示談金がいくらになるかの交渉を行います。加害者側の保険会社は、可能な限り示談金を少なくしようと動きますが、被害者側が弁護士に相談して交渉を代行してもらうことで、法的に受け取れるであろう治療費をはじめとする費用を計算し、それらを加味した示談金を回収してくれます。裁判になる可能性は低いので、弁護士への相談は忘れず行いましょう

示談金を受け取る際に作成する示談書は、加害者側の保険会社が用意してくれるので、自分で何かをする必要はありません。記入事項についても、一通り説明されるので、間違えの無いよう記載することを心がけてください。郵送する都合上、ミスが見つかると訂正が非常に困難となります。最初に示談金を進められる際も、即座に対応せずに、弁護士の支援を受けられるまで待つのが肝心です。